【らくらくLAN VPNサービス】進化したインターネット環境は本当に企業を変えます

らくらくLAN VPNサービスとは

らくらくLAN VPNサービスの拠点間通信

らくらくLAN VPNサービスとは、インターネット回線を利用することで今までより安く、便利に拠点間通信を行うことが出来るようになる技術の事です。
今までであれば企業内の拠点間通信を行う場合、高いコストを支払って専用回線を電信柱に引いて繋げていましたが、らくらくLAN VPNサービスを利用することにより、その必要がなくなります。
またらくらくLAN VPNサービスでは、従来のVPNとは違い、インターネットの繋がる環境下であれば、高額なルーターが不要な上、オプションサービスのご利用によりサーバーやルーターなどの死活監視やお客様の大切なデータのバックアップサービス、データをお預かりするストレージサービスなどもございます。

営業先でのプレゼンの場合・・・
お客様先でのプレゼン中にどうしても資料が必要に...
そんな時、らくらくLANに加入していただいていたら、簡単2クリックで社内へアクセス!
サーバーから必要な書類にアクセスして、スムーズに商談成立!!
データを本社で一括管理したい・・・
各店舗で管理しているタイムカードを本社で一括管理したい場合、らくらくLANを利用すると、本社にてタイムカードを一括管理することが可能です。店舗でタイムカードで押されると、本社にデータが転送されるようにする事が可能です。機会処理にて計算が行われる為、計算間違いも非常に少なくなります。
店舗の売上集計を本社でしたい・・・
現在各店舗のPOSレジなどの集計を各店舗毎に行っているが、全てのデータを本社へ集計し一元管理を行ないたい場合、らくらくLANを利用すると、核拠点のPOSレジの集計元を本社のPCもしくはサーバーへ変更していただくだけで本社での一元管理が可能となります。

らくらくLAN VPNサービスはここが違う

らくらくLAN VPNサービスの導入事例